サンクリに参加したもう一つの理由は、珍しい猫のお稲荷さんへの参拝なのです。
イベントを撤収した後、お手伝いしてくれた友達と別れて地下鉄丸の内線で赤坂見附まで移動。
地図を頼りに、更におまわりさんに道を尋ねながら探し回った末、発見しました。

130417m01
羊羹で有名な和菓子屋「とらや」のお隣の二階にぽつんと佇むとても小さなお社が
猫をお祭りしているというお稲荷さんの「美喜井稲荷神社」です。

狭い階段を上って中に入ると、人がやっと一人立てるぐらいの小さなスペースがありました。
130417m02
猫だ!
130417m03
猫がウインクしてる!
130417m04
脇にもお賽銭を入れる所が二箇所あったので、計三箇所にお賽銭を入れてご挨拶してきました。
狛犬ならぬ狛猫がいます…可愛い…可愛いよ…!

目の前に大きな警察署があって、そこのおまわりさんが荷物を預かってくださったので
とてもありがたかったです。

うろ覚えなのですが、こちらの神社は、火事で危ない所を知らせて助けてくれた猫が
焼け死んでしまったのをお祭りして建てられたのだとか…
後に宇迦之御魂神をお迎えして、今のお稲荷さんになったとか。
本当の詳しい由来は不明なのですが、誰かご存知の方はいらっしゃるのでしょうか。

ちなみに、ここにお参りする時は、タコを絶たなくてはならないのだそうです。
…猫ってタコが嫌いなんですかね…?イカは与えちゃダメって聞くのですけれど。

他にも東京には猫をお祭りしてる神社があるので、東京に行く時は参拝に行ってみたいなーと思っています。
猫好きとしてはかなり心が惹かれるのですよ!