unsigned

男性向けの漫画や絵をメインに お仕事や同人活動をしています。

パチェ

表紙絵の制作過程その6「背景仕上げ」


制作過程最終回です。
今日は背景塗って仕上げます。

まずは簡単に色を置きます。
図書館の色ってどんな色なんじゃろなーと悩んだ末、一応本の
表紙なので温かそうな色を使う事にしました。

ランプの塗り方が分からないのでどうしようか思案中。
09091511

新規レイヤー、描画モード「通常」で、レイヤーを作り、
影を塗っていきます。
2段まで影塗り終了です。

さてここからどうしよう…うーむ。
09091512

とりあえず3段目の影をつける事にします。
新規レイヤー、描画モード「乗算」で、服の影を塗った時と
同じ色(PANTONE401かWarmGray3)を使って塗っていきます。
それと本の色がちょっとバランス悪く感じたので、
青系のグレーでグラデをかけてちょっとくすませてみます。

…あんまり変わらなかったかも…うーんうーん。
09091513

あんまり悩んでも仕方ないので、写真資料で似た様なインテリアを
探して、それを参考にしながらハイライトを入れていきます。
ちなみに今回は「あかるくさわやか快適住宅」という本を見ながら
ライトの光とか入れてみました。

こんな感じです~。上手くいったかな…
09091514

椅子の鋲の部分がてかてかしてたので、ちょっと影色を濃くしました。
主線消して確認中。

シュールですな…
09091514_1

最後に、各主線のチャンネルを呼び出して、明るい所を薄く、暗い所を
濃く、ブラシで塗って調整していきます。

という訳で出来上がりです。
09091515

ここまで見て下さってありがとうございました。
大きいサイズは後でメニューとにpixivにあげとこうと思いますので、
良かったら見てみて下さい。

さて、後は中身だな…紅楼夢に間に合うといいんだけどなあ…
ペラ本の予定ですがもし無事に新刊出てたら、良かったら見てってやって下さいね~。

表紙絵の制作過程その5「キャラ仕上げ」


製作過程も5回目です。
こうやって描いてみるといっぱい作業してるんだなーと
自分でもびっくりします。
道理で時間かかる筈ですな…もっと効率の良いやり方を探した方が
良いかも知れません。

という訳で、今回は服や目を塗ってキャラを仕上げます。

まず服から。
今までの行程と同じように、影を2段ぐらいまで入れます。

リボンや白い部分の影は1段までにしています。
09091501

新規レイヤー、描画モード「乗算」で服の影をつけていきます。
影の色はPANTONE401かWarmGray3あたりで。

これで服の塗りは終わりです。
09091502

次は目を塗ります。
レイヤーを作って白目を塗って、目の影を落とします。

その上にレイヤーを作って目の1色目を塗って、上から影色でグラデを
かけます。

更にレイヤーを作って「乗算」にして、黒目をぐりっと描いてまつ毛と
馴染ませたら、消しゴムでちょっと真ん中を消して薄くグラデを
作ります。

この時は瞳孔の端っこの境界をくっきりさせようと頑張ってます。
09091503

ハイライトを入れます。
ハイライト用のレイヤーは今回2枚作りました。
1枚は不透明度を70~80ぐらいにして、瞳の色と馴染ませる感じで、
もう1枚はくっきり白で塗ってます。

ハイライトはいつもかなり試行錯誤してますが、なかなか思うように
いきません。
09091504

汗、汁を描きます。
新規レイヤー、描画モード「乗算」で、肌影の2色目を選択、
汁のラインに沿って影を入れていきます。
ハイライトの主線の色を白に置き換えて、ブラシで描いたり消したりして
形を整えます。

汁は難しいなあと思いながら塗ってます。私には描き分けとか無理です…
09091505

以上、キャラの仕上げはここまでです。
次回は背景の仕上げです。
多分次で終わるんじゃないかな!

表紙絵の制作過程その4「髪」


髪の毛の塗りに入ります。

髪の毛のチャンネルを呼び出します。
肌塗りの時と同じように、影になる部分に大きめのブラシでざっと色を
塗っていきます。
その後、影レイヤーを作って、ぼけ足の短いブラシで影を描き込みます。
セル塗りっぽくつやつやにしたいのですが、いつも思うようになりません。
髪の毛は難しいです。

うまく塗れるといいなあとどきどきしながら塗っています。
09091401

ハイライトを入れます。
3~6ピクセルのブラシを選んで、筆圧感知を全てオフにし、
shift押しながらちょんちょんとクリックして、なるべくなめらかに
曲線を描いていきます。
線を描き終わったら、カクカクしてる所を消しゴムで削ったり、両端を
消しゴムでぼかしてそれっぽくなるように調整します。
真っ白では髪から浮いてしまうので、不透明度を下げたり、少し髪の毛
寄りの色を使って馴染ませたりなどの調整もします。

本当はパス使った方が綺麗なんだろうなあと悩んでたりします。
09091402

2段目の影を入れます。
レイヤーを作って、描画モード「乗算」にします。
通常の影より少し青っぽい色を選択して、帽子や濃い部分の影を
塗っていきます。

パチェっぽくなってきたかも~(*'ω')
09091403

環境光を入れます。
新規レイヤーを「オーバーレイ」にして、
不透明度を50~60ぐらいまで下げます。
服の照り返しが入ると思うので、白に近いピンクを選んで
右下から左上へざっとグラデをかけます。

やりすぎたら色が飛ぶので抑え目にするように気を付けてます。
09091404

これで髪の毛は終了です。
やっぱりパス使った方がいいのかなあ…しかしあれはフォトショップでは
面倒なんだよなあ…

次回はキャラの仕上げです。
ではではまた後ほど~。

表紙絵の制作過程その3「肌塗り」


という訳で塗りの続きなのです。
今日は肌塗りなのです。
画像無駄に沢山あるのでお急ぎでない方は覗いてみて下さい~。

まず、パレットを作ります。
090913pal

色味の調整とか苦手なのでいつも四苦八苦してます。

肌の色は4~6色ぐらい用意します。
まず肌のチャンネルを呼び出します。
それから新規レイヤーを作って影の1色目をさくっと塗って様子見します。

主に光源どこに置こうかなーとか考えてますが、結局いつも適当です。
09091301

ある程度影を入れる所を決めたら、更にレイヤーを作って
細部の影を塗っていきます。
この時はどこに濃い影置こうかなーと思いながら塗ってます。
09091302

更にレイヤーを作って濃い部分を塗っていきます。

この時はどこにエッジを立たせたら見栄えが良いのかなーと考えてます。
でも、成功した試しはないような気がします。
09091303

一番濃い部分をしつこくならない程度に入れていきます。
この時に乗算レイヤーを作って、色見本からパントーンの
706CVU周辺の色を選んで、頬の赤みや乳首などを塗っていきます。
乳首の濃淡もあまりくどくならないように気をつけつつ適当に色を作って
塗ってます。

そろそろぐったりしています。
09091304

肌のハイライトを入れていきます。
この時はちょっと元気になります。肌のテカリっぽくなるように、
なるべく肌に馴染むように気を付けて塗っていきます。
オーバーレイのレイヤーを一個作って、照り返しも塗っていきます。
多分服の色が照り返しになってるだろうからピンクで大丈夫なんじゃ
ないかな…色自体は白く飛ぶのであまり気にしないで塗ってます。

パチュリーは俺の嫁!とか思ってます。
09091305


最後に線画を消して、主線無しでも立体っぽく見えるかどうか確認します。
09091306
これ意外と見るの好きなんですよねー。
主線消えたら変な感じですな。

という訳で肌塗りは以上で終了なのです。
次は髪の毛を塗っていくのですが、私髪塗るのは苦手なんですよね…
という訳でその4に続きます~。

表紙絵の制作過程その2


その1の続きです。
コミスタのクリンナップは解像度600、ニ値化の線でpsdに
出力してるので、今のうちに主線を色トレスします。
背景、キャラの線画は分けてあるのですが、色トレスは
キャラのみで。
ついでに1色目も置いておきます。

んで、出来上がったのがこちら。
09091203
三日月描き忘れていたのでこっそり付け足しました。
何か足りないと思ったんだ…不覚…

という訳で続きはまた後ほど~。


作品一覧
サークルプロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
同人誌通販のお店
メロンブックス
DL販売のお店
次回イベント参加情報
検討中
twitter
pixiv
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • RSS
  • Dlsite blog